不二家健康保険組合

TOP > 健康保険のしくみ > 会社をやめたあと

会社をやめたあと

被保険者が退職すると、その翌日に被保険者の資格を失います。

退職後は、次の3つのいずれかの形で、医療保険に加入しなければなりません。

制度 当健保組合の
任意継続被保険者
国民健康保険 被用者保険の
被扶養者
加入の条件 退職前に継続して2ヵ月以上被保険者だった人 健康保険・船員保険・共済組合の被保険者・被扶養者以外の人。 被保険者・組合員が所属する被用者保険(健康保険・共済組合等)の認定基準によります。
加入期限 原則として2年間。ただし、再就職して健康保険等に加入したとき、保険料を納付期限までに納めないときは、資格を失います。 健康保険・船員保険・共済組合の被保険者・被扶養者になるまで。 被保険者・組合員が負担しますので、被扶養者の保険料負担はありません。
保険料 退職したときの標準報酬月額(ただし26万円が上限)の1000分の104(全額被保険者負担) 前年度の所得に基づいて、市(区)町村ごとに定められます。 被保険者・組合員が被用者保険の被保険者・組合員の資格を失うか、被扶養者の要件に該当しなくなるまで。
窓口負担の払戻し  
  1. 70歳未満
自己負担限度額を超えた分が払い戻されます。
  1. 70歳以上75歳未満は
    こちら
任意継続被保険者・国民健康保険とほぼ同様です。
加入手続 資格喪失後20日以内に「任意継続被保険者資格取得申請書」を健康保険組合に提出します。 資格喪失後14日以内に「国民健康保険被保険者資格届」を、市(区)町村役場に提出します。 被保険者・組合員が所属する被用者保険で手続を行います。